彼女が冷めてきてる時のサイン

最近、何となく彼女がそっけない。そこに思い当たる節は何となくあるものの、どれが彼女が気に入らないのか、はたまた関係ないところで自分に対して恋愛感情が薄れてきているのか、プライドもあるから、聞く事もできずにそのまま事態は進行し、ドンドン悪化して終わりを告げます。

 

 

「これならもっとこうしておいてあげてれば…」

 

なんて後悔をする時もあるかもしれません。当サイトではそれも含め、次の恋で活かせます絶対に。ではありますが、リアルタイムで失恋をしそう、したという人は中々現実を受け止められないのも事実…この人が本当に最後と決めていたんだ…と自分を苦しめるでしょう。

 

しかし、あえて言います。最後だと思っているのなら、何故彼女を満足させてあげられなかったのでしょう。もしかしたら深層心理の中でまだ自分に余裕があるのかもしれませんよね。
失恋して哀しい想いになった時「もう恋愛なんて出来ないよ」なんて思う人がほとんどだと思いますが、ご安心してください。ほぼ絶対と言って良いでしょう。恋愛はまた出来ます。

 

ですが、今の失恋しそうな男性、はたまたそれを乗り越え次のもっと美しい女性と知り合ってから、彼女の最近の態度がおかしいと思う方へ

 

失恋へのカウントダウン。彼女の別れのサインとは?

 

付き合いが続くと、やはりお互いの共有する時間や共通する時間はありますが、お互いのためでもあるのに、なかなか時間が合わなかったりしますよね。
そうすると、お互い好きだったはずなのに…本当に自分の事好きなのかな?とか誰かと浮気してないかな?なんて不安に駆られる事だって自然にあると思います。
それは相手も同じだという事を自覚してください。女性は寂しさに流される生き物です。
余計に気を遣わないといけない部分ではありますが、現実問題そうもいかないですよね。
そこで、今まで私が調べたり、相談にのった時に大抵の人が女性の言動の中から【こういう事が目につくようになってきた】という例を挙げていくので、そちらを見て、もし今の彼女、これからの彼女がこういうサインをしていないかを意識してみるだけで、かなりその先の2人の道が変わってくるかと思います。

 

誰もがお互い嫌って付き合った訳じゃないのですから。どうせなら。ね?

 

・こまめな連絡の頻度が減ってくる。

 

大人には大人のペースというものがあります。付き合った当初からあまり連絡マメじゃないからという女性も多いですが、正直その時点で怪しいです。
大人になって忙しくても時間は作れるもの。付き合う手前だったとしたら、ちゃんと返事をしたいからという理由で遅くなったりはするかもしれませんが、付き合ってる最中だったら、仕事だってずっと拘束されてる訳じゃないのですから、お昼休憩、帰宅時間、帰宅後「予定あればその後」に時間は作れるはずです。好きなら人はもっともっと連絡をとれる時間はつくれます。それが減っていくというのは返信数=想いと考えても良いでしょう。あなたも好きな相手なら沢山連絡とりたいですし、不安にさせたくないですよね??女性も同じです。それが薄れてくるというのは一番分かりやすい所で、尚且つもう離れ始めてるピンチですね。

 

.・デートのドタキャンやスケジュールが合わなくなってくる

 

これも上と同様で、最初は出来るだけ無理をして会える回数を増やします。出来るだけ時間を作って、家に持って帰ってやらないといけない仕事も全部残業で終わらせてどうにか休みなどを作っていたはず。それが無くなってきて予定が合わない。忙しい。用事があるなんて言葉は、やはり恋愛をしてる最中になんてほとんど言った事ないのでは??あったとしても、この日は用事あるから次休みの日っていつかな?とか聞いていたかと思われます。それが無くなったりしているという事は女性もあなたと同じような心境ということ。

 

・連絡手段のシンプルになりすぎていく

 

これは大人のようなお互い親密だからこそ成り立つ一見あるような環境ですが、こういう時こそお互い浮気している可能性は非常に高いです。
「電話→直接会う→連絡→メールすら返さない」お互い信頼しているからではありません。お互い、この会うという事を一つの作業として捉えてるような感じです。
それ以外は踏み込んでこないでという意味です。

 

こうなってくると、どんどん振るか振られるかになってきます。

 

・些細な事でいちいち喧嘩をするようになる
自分の素直な気持ちを伝えやすくなったなどではありません。どうして分かってくれないの?という苛立ち、他で起きたストレスを与える対象になってきています。
恋愛ではお互い助け合っていくものですし、時に愚痴を聞いてほしい時だってあると思います。
それは2人の関係の上でも、言わなくても分かってよという気持ちを相手に言うようになるのは最初からではなかったですよね??
最初はお互いに「こういう所は鈍感で気づかない人なんだ」と人間観察をしたりして、そこがまた好きだったりして付き合うという道を選んだ訳ですよね??
それを言わなくても分かってと喧嘩になったり、些細な事で喧嘩になるというのは、お互い一緒に居たいから喧嘩をしてるという意味ではなくなってきてるみたいです。

 

どれにでも当てはまるのは【コミュニケーション不足】です。

 

言わなくても分かるなんて思わないでください。血のつながってる人ですら分かり合える事なんて少ないんですから、10年くらいで全部分かり合える人を求める事こそが甘いんです。
以心伝心なんて幻想の幻でしかないのです。お互い思ってる事はしっかりと伝えないと相手は色々な解釈をしてしまいます。
だからそのコミュニケーションを相手が求めなくなってきたら、もう失恋に対してのスタートは始まってるという事ですね。